劣化した配管を交換するときも水道工事業者に依頼

水道の配管が劣化した場合にも、当然交換作業が必要になるので、工事業者に依頼しないといけません。しかし、どこが原因で水漏れをしているのかを最初に特定する必要があります。一緒に蛇口 交換が必要になる場合もあるでしょう。

■錆が混じっている場合には早急に交換が必要

水道の蛇口をひねったときに、水に錆が混じっていることもあります。この場合は水道管の劣化が原因なので、できるだけ早く配管の交換を行う必要があります。放置しておくと健康被害が出ることもありますし、水漏れが発生する原因になる可能性もあります。ただし、蛇口が錆び付いている可能性もあるので、そのときは蛇口 交換をすることで解決できます。


■大掛かりな工事が必要になる場合もある

水道管の劣化によるトラブルは、大掛かりな工事が必要になるケースもあります。配管の一部分を交換するのではなく、大部分を交換しなければいけない場合もあるからです。まずはどのような状態なのかを調べてもらい、それから見積もりを出してもらいます。相当な金額が提示されるケースもありますし、時間がかかることもあります。こういった場合に備えて、日ごろから依頼できる業者を決めておくことは大切です。


■まとめ
蛇口のトラブルが原因なのか、配管のトラブルが原因なのかによって、必要な値段や時間も変わってきます。配管の交換や工事は時間も費用もかなり必要ですが、蛇口 交換であればそれほど費用も掛かりませんし、短時間で終了します。まずはどのような状態なのかを調べてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ